加齢臭の原因と対策

加齢臭の原因と対策とは?

自分の臭いは、なかなか分からないものです。

 

 

 

 

 

でも、相手の臭いは敏感に感じてしまうのではないでしょうか?

 

これが怖いところで、じぶんでは全く気が付かない間に、他人に迷惑かけている場合があります。
相手の体臭が気になる場合でも、そのことを相手に伝えることができる人は少ないと思います。
例え相手のことが気になる場合でも、体臭というデリケートな部分に踏み込むことを躊躇する場合は多いと思います。

 

加齢臭というと、以前は中年の男性特有の問題と誤解されて、世間一般的には、オヤジ臭と呼ばれていました。
でも最近では、男性に限らず女性にも加齢臭が存在することが広く認識されています。

 

加齢臭は、「脂臭くて、青臭い」ようなニオイで、1999年に資生堂が加齢に伴って発生するニオイの原因物質
「ノネナール」を発見。加齢臭という言葉も資生堂が命名しました。
ノネナールは、年を重ねると増加するパルミトオレイン酸(脂肪酸)が、過酸化脂質や皮膚常在菌によって酸化したり分解されることで発生します。
ノネナールは男女問わず、40歳を過ぎたころから増えてくるので、男性に比べ皮脂量の少ない女性でも、安心はできません。
特に、皮脂量が増える暑い夏の時期は、注意です。 

 

加齢臭を抑えるために、デオドラントスプレーを多用するという人もいるかも知れませんが
デオドラントスプレーでは、臭いの根本を解消することはできず、また加齢臭とスプレーの臭い
が混ざって、かえって臭いがひどくなるというケースもあります。

 

表面的なニオイ消しではなく、加齢臭の元になる原因物質を抑える対策がとても重要です。

 

その一つとして、規則正しい生活をして健康を維持することが大切です。
具体的には、夜ふかし等をせずに十分な睡眠時間を確保する、あまりこってりとした
濃い味の食事を避けて、過度な飲酒を控えるということが重要です。
これらは、加齢臭だけではなく、体臭全般に言えることです。
またタバコもニオイの大きな原因となります。特にヘビースモーカーは喫煙習慣のない人よりも
体臭がきつくなる傾向があります。体臭だけでなく健康面からも、タバコの本数を減らすことが大切です。

 

また加齢臭用のボディーソープもあります。
各メーカーから発売されており、それぞれの商品の特徴がありますが、
ニオイの原因となる雑菌の発生を抑える成分が配合されているという共通点があります。

 

加齢臭用石鹸として、固形石鹸も販売されていますが、ボディーソープは固形石鹸よりも
泡立ちがいいので使い勝手が便利です。

 

お風呂は、夜に入る人が多いと思いますが、加齢臭対策としては、朝シャワーの方が効果が高いようです。
寝ている間も汗をかいて皮脂が分泌されていますので、朝起きてからシャワーを浴びてキレイに洗い流すことが
基本的な対策として効果が期待できます。

 

加齢臭ボディーソープは無臭タイプの他さまざまな商品が発売されています。
香りは個人の好みによりますので、いろいろなボディーソープw試してみるのもいいでしょう。
また頭皮の臭い対策として加齢臭シャンプーもあります。加齢臭対策用のアイテムを活用しましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

page top